くらし」と「らしさ」をささえる LachiAID

    障害があってもその人らしく暮らしたい。その思いを大切に、その人らしさは社会とつなが ることで確かめられるもの。私たちは、自立支援のための運転リハビリテーションと、住み 慣れた地域出暮らすための送迎介護を支えたいと考えています。

    室内で運転能力を体験して確かめられるツール、それがPREDR(プレア)です。 車と同じフィーリングを再現したハンドルやペダル、そしてミラーをご用意しています。ま た、室内外で車両感覚や視野を測定するスケールからなります。実際の車両を用いて行う停 止車両評価(四国運転リハプロジェクトで考案)の標準ツールとして評価と訓練プログラム として活用いただけます。

    ComingSoon

    送迎介護を支える見守り通信システムを開発中!

    合同会社ラシエイド 代表 岩佐英志 (認定作業療法士・停止車両評価インストラクター/四国運転リハプロジェクトP/L) 

    イベント内容

    • バリアフリー2021オンライン展示会
      9月6日から21日まで開催されているバリアフリー2021オンライン展示会に弊社(ラシエイド)は、運転能力体験ツールPREDRを出展しています。ご来場お待ちしています。
    • 愛媛県作業療法士会主催公開講座のご案内
      高次脳機能障害を有する方の自動車運転再開に向けた取り組み 令和3年10月17日(日)に愛媛県の松前総合文化センターで開催する公開講座で講演させていただきます。愛媛県内の高次脳機能障害の運転リハビリを進めている作業療法士の […]
    • 停止車両評価(OnLine Seminar-OverView版) 2021.09.30(木)19:00~20:10+質疑
      停止車両評価とは、駐車状態の車両を用いて、運転能力を確かめることが出来る評価方法です。2014年から活動している四国運転リハプロジェクト※で考案し、推奨しているものです。運転席に乗り込むことからの運転の作業分析がスタート […]

    PREDR(プレア)スケールは、屋外では実際の車両を用いた車体感寃の計測ができます。
    室内ではPREDRミラーとセットでご使用ください。

    安全に体験・評価納得できる選択ヘ

    運転リハビリテ−ション

    障がいがあっても「可能なら運転したい」という思いを持つことは自然なことと思います。医学的な判断のもと運転の可能性を検討して関係する機関と連携して運転の可否を決定しています。
    教習所との連携ができる場合、実車評価の機会も増えます。早い段階で運転能力を体験を通じてご本人が納得できる評価と、継続的に運転能力を支援することが必要ではないかと考えています。
    適性検査や実車評価の前段階に、シミュレータ ーを活用してリハビリテーションを実践する病院が増えています。しかし、運転する感覚と少しズレを感じるのも事実です。あくまでもシミュレーターは、視覚情報に対しての操作能力や危険予測などが評価できるものであって、身体的な運転技能に直結したものではありません。
    しかし、シュミレーターを経験できる方はそう多くはありませんし、教習所との連携のもとの実車評価も同様に全国的な高まりを感じつつも全ての方に提供できているとはいえません。
    銀られた条件下であっても車を動かさずに評価できるのが、停止車両評価です。
    それは室内であってもできるのではないかと考え、室内版の停止車両評価を実践できるように開発したのがPREDRです。急性期病院から回復期病院、生活期の外来リハや通所リハをはじめ、簡便で機動性を活かして訪問先でも評価や訓練ツ ルとして活用いただけるはずです。

    <活動場面>
    急性期病院
    回復期病院
    外来リハビリテ−ション
    訪問リハビリテ−ション(訪問看護を含む)
    リハビリ特化型通所サ−ビス
     など

    PREDR(プレア)とは、Pre Driving Rehabilitationからの造語です。適性検査や実車評価の前段階に、運転することに近い体験ができる機会を提供することができればと、令和元年度徳島県ふるさと起業家支援補助金やクラウドファンド(READY FOR)にご支援いただき、この度、製品化することができました。
    PREDRは、運転する能力をリアルな体験と共に評価と訓練ができるツールです。
    ハンドルやペダル操作能力の分析と動作の習熟を図るための実践的な練習が可能です。
    ご本人様とご家族様が納得できる体験を通じて自己理解を深め、 具体的な運転リハビリテ ションに取り組んでいただけることを願って、ご提案いたしました。

    PREDR (プレア)ハンドルは、実際のハンドル操作が体験できる運転能力評価ツールです。

    付属の旋回グリップを取り付けて、片麻痺者のハンドル操作状況や、改造の必要性等についての確認ができます。

    豆量:4.34kg
    サイズ:W345xD250xH370mm(グリップ含)

    PREDR (プレア)ペダルは、実際のペダル操作を体験できる運転能力評価ツールです。

    アクセルペダル右側と左側に差し込むことができます。

    片麻痺者のペダル操作能力が評価でき、改造の必要性等の確認ができます。

    重量:5.75kg
    サイス’:W335x0315XH350mm

    PREDR(プレア)ノンスリップシートは、ミクロ吸盤層を持つ滑り止めシートです。

    プレアペダルやLogicool G29ペダルユニットなどの固定にご使用ください。

    サイス‘:W300XD420mm

    PREDR (プレア)ミラーは、室内での停止車両評価の後方車両感党の測定ができるツールです。

    室内で後方の車両感党を計測するには付属のプレアスタンドマー をご使用ください。

    重量:2.43kg(左右含)
    サイズ:W285X083XH4

    PC(Windows10) とペダルユニット( Logicool
    G29) があれば、アクセルとブレーキペダルの30 秒
    間持続操作を計測できます。信号待ちや直進する
    際の爆作をリアルタイムで確認することが出来ます。また、シグナルに合わせてアクセルからブレーキへ踏み変え時間も計測できるため、停止車両評価できなかった数値の確認が可能となります。本商品は株式会社マネージビジネスとの共同開発商品となります。

    PREDRの使用にあたって

    ●障がいのある方のリハビリテーション評価及びトレーニングツールとして、または、MCI を含も認知度の方の
     旱期発見に向けた運転能力の確認に活用いただけます。
    ●あくまでも実車で確認する前段階の身体的運動能力の確認ですが、車らしさを体験を通して感じていただけます。
    ●ハンドル及びミラーの設置については机の厚さや固定に十分ん配慮ください。
    ●ペダルの操作は必ずノンスリップシートを敷いて確認ください。壁に当てがうことでも安定します。
    ●スケールの運搬には周囲にご配慮ください。なお、屋内で車両感覚を測定することも可能ですが、目標となるものを予め設置して行ってください。

    PREDR Series 製品構成

    スクロールできます
    PREDR
    Hnadle
    PREDR
    Pedal
    PREDR
    Mirror
    PREDR
    Scale
    PREDR
    Pedal-test
    PREDR
    Sheet
    停止車両評価
    Manual
    停止車両評価
    instructor
    seminar
    PREDR PRO-Set
    PREDR Cockpit-Set
    PREDR Start-Set
    PREDR Evaluation-Set

    ECサイト販売

    • 停止車両評価オンラインセミナー
      停止車両評価オンラインセミナー
    • RREDRスケール
      RREDRスケール
    • PREDRノンスリップシート
      PREDRノンスリップシート

    マップ

    お問い合わせ

      必須お名前
      必須メールアドレス
      任意電話番号
      必須主なご用件の内容
      必須お問い合わせ内容

      スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。